ホームページ作成で必要なもの

サーバー

サーバーとは、インターネット上でホームページを公開するにあたり、表示する画像データや、テキストデータを保存しておく場所になります。企業によっては、自社で構築から管理まで行う所もありますが、専門的な知識が必要なため、一般では月額または年額にてレンタルすることが主流になっております。

これは住宅購入に例えると、土地にあたる部分と考えると分かりやすいかも知れません。

ドメイン(URL)

ドメインとは、各ホームページの住所を分かり易く表示させた、「www.○○○~」の部分を指します。ドメインは同じものは二つと無く、世界に一つしか無い物になり、希望の名前を取得したくても使用されていたら使えないことになります。人気のあるドメインが空くと、高額で売買されることもあるようです。通常は、自社名や店舗名、サービス名等の固有の名前で取得される事が多くなっています。こちらもサーバーと同様、1年間の契約形態が多く、継続して契約を更新していかなければホームページが表示されなくなってしまいます。

HTML

上記の通り、土地(サーバー)、住所(ドメイン)と準備ができたら、実際に住宅を建てなくてはなりません。この、住宅にあたる部分が、HTMLと言ってもよいでしょう。

各ホームページ1ページ毎に、このHTML等でレイアウトやテキストを指定し、魅力的なページデザインに構築していきます。

コンテンツ

これは、ホームページの内容(中身)になり、宣伝したい商品やサービスを魅力的に説明する画像や文章等、ホームページを訪れる方々が一番期待する部分になります。

雑誌や書籍も表紙を見て面白そうだと思っても、実際に中身を読んだら面白くなかった、なんてことがあるように、ホームページもこのコンテンツが充実していなければ本来の目的を果たせません。どんな内容にするかホームページ作成で一番重要な部分になるかと思います。

自作でホームページを作りたいという方は「pat1」をご利用ください。初心者でも簡単にできるホームページの作成プログラムをご用意しています。「pat1」は1か月以内であれば解約しても費用は発生せず、さらに今なら初めの1ヶ月のサーバー代が無料となっています。社名やお店の名前、住所などの基本情報の登録代行も無料となります。格安期間のこの機会にどうぞご利用ください。「pat1」は初心者の方や中小企業様に多くご利用いただいております。自社や店舗のホームページ運営に是非ご利用ください。