信頼度の高まる文章の書き方

ホームページ作成をする際に色々なホームページを参考にすると思いますが、ついつい見入ってしまったホームページはありますか?ホームページ作成において大切なことは信頼度です。

こちらでは、信頼度の高まる文章の書き方について紹介していきます。

文章構造のイメージは新聞

ホームページの文章構造は新聞をイメージするといいでしょう。新聞を読む際、掲載されている内容を一語一句読む人は少なく、自分の興味や関心のある記事を選んで読む、といった読み方がほとんどです。まずはタイトルにひと通り目を通し、タイトルだけで判断できなければ大見出し、小見出しの順で判断していきます。この「タイトル→見出し」という情報の取捨選択の流れは頭の中で瞬時に行なわれます。そのため、読者の興味を惹きつけできるだけ記事を読んでもらうためには、構造的な文章の作成とタイトルや見出しに工夫することが重要です。

タイトルや見出しで結論を書いてしまう

インターネットはクリック一つで始まり終わる世界です。最後まで読まないと内容が理解できず言いたいことがよく分からない文章は、読んでいる途中で他の項目をクリックされてしまう可能性が高いです。そのためホームページの文章は一瞬で惹きつけることが重要です。通常、文章は起承転結で書くものですが、ホームページの場合は結論から書きましょう。最初に結論をもってくることで最後まで読んでもらいやすくなります。

具体的な言葉を使う

文章は具体的に書きましょう。例えば、場所を表現する際は「関東」とか「広い範囲」ではなく、「東京、埼玉」など都道府県名で書きます。実績の凄さを伝えたい場合は「豊富な実績」ではなく「実績1000件」など実際に成功した件数を書くと良いでしょう。具体的に表現することで信頼度が高まり、親近感を与えます。また具体的に書くことで言葉が増えSEO対策にもつながります。

会社、店舗、オーナーなど、ご自分でホームページ作成を行うなら「pat1」をご利用ください。「pat1」ではご予算に合わせた3つのプランをご用意しております。また、デザイン豊富なテンプレートをご用意しておりますので、お好みのホームページデザインを作っていただけます。自分で簡単に更新することもできますので、この機会に是非ご利用ください。